JAさいたま

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 困ったときは

JAさいたまの特産物紹介

八ツ頭

 八ツ頭芋は里芋の高級品種で、管内では主に見沼田んぼで栽培されています。8代将軍徳川吉宗による享保の改革で広大な見沼は水田に変わりましたが、昭和50年代から始まった土地改良により水田は畑に換地されました。八ツ頭芋は、名前の八から「末広がり」、また、親芋と子芋がひとつの塊になることから「子孫繁栄」と、縁起を重んじるお節料理の食材として古来より親しまれています。

八ツ頭芋の煮物

八ツ頭芋の煮物

トップへ戻る